秋田県の現地情報

怠けているならご用心

秋田県と言えば『なまはげ』が有名ですね。

『なまはげ』は大晦日に秋田県の三種町、潟上市の一部で行われる伝統行事です。

今でこそ大晦日に行われていますが、本来は小正月(一月の十五日からの行事)の行事でした。

『男鹿のナマハゲ』として国から重要無形民俗文化財の指定を受けています。

何故『なまはげ』と言うか、なのですが、囲炉裏に長時間あたっていると、『ナモミ』、『アマ』という低温火傷の症状が見られる場合があります。

つまり、それだけじっとしていて何もしていないという事ですね。

低温火傷が出来るぐらいなのですから、相当な怠け者なのでしょう。

『なまはげ』は、その『ナモミ』、『アマ』などを剥ぎ取り、怠け者を懲らしめ、祝福を与えるという意味がある『ナモミ剥ぎ』に由来しています。

『ナモミ』が変化して、『ナマハゲ』になり『なまはげ』となったのです。

この他にも、『アマハゲ』、『アマメハギ』などの名称が使われます。

一般的には、顔の赤い方を『ジジナマハゲ』顔の青い方を『ババナマハゲ』と呼びますが、地域によって違う場合もあります。

『なまはげ』を知らないという方も少ないと思いますので、簡単に概要だけを説明しましょう。

『なまはげ』とは、鬼の面、ケラ蓑、ハバキを『なまはげ』役の人間が身に纏い、大きな出刃包丁を持ちながら、格家々を回り、『悪い子はいねがー』、『泣く子はいねがー』というような恐ろしい声を発しつつ、注意(?)を促します。

そして、『なまはげ』の訪れた家の主人は猛る『なまはげ』を宥め、もてなすそうです。

『なまはげ』とは名称を異にしますが、『なまはげ』と似た行事は全国各地にあり、山形県、本州の日本海沿岸部、新潟県、石川県などにも存在します。

これを鑑みるに、『なまはげ』という形態を取った、地域型の伝統行事ではないかという見方も出来るでしょう。

どの土地のものが原典かは不明ですが、こうして現代にまで伝わっているという事は、相当な広まりを見せた行事だったのでしょうね。

『なまはげ』を渡来して来た外国人と見る場合や、役人を風刺したなどの説もあり、秋田県には『漢の武帝が男鹿を訪れ、五匹の鬼を使役していたが、正月十五日だけは鬼達が解き放たれて里を荒らし回った』という伝承も存在します。

一見怖い『なまはげ』ですが、その実、怠け者を戒めるという厳格な役割を持った存在でもあります。

貴方も正月にごろごろとしていたら、『なまはげ』が……なんて事もあるかも知れませんよ?

タイトルとURLをコピーしました