沖縄県の現地情報

どこよりも早い海開き

一歩外へと出れば体は芯まで寒くなり、蛇口を捻れば冷たい水が、あまりの寒さに都心でさえ雪がちらつく今日この頃。

海開きと聞いて意外に思う方も多いでしょう。

ですが日本の南、沖縄県では、三月にどこよりも早い海開きが行われるそうです。

沖縄と言えば海ですよね。

私も沖縄の海に足を運んだことがありますが、砂はさらさらと触り心地がよく、白い砂浜が太陽の光を眩しいばかりに反射していました。

そして何よりも美しいのは、白い砂浜の先にある青い海!これが何よりの眼福でしょう。

言い方は変ですが、沖縄の海はそこいらの入浴剤をお風呂に入れたよりも青く綺麗な色をしています。

コバルトブルーと言うのでしょうか。

とても優しい透明感溢れる色彩をしているのです。

手前の白い砂浜も相まって、異国情緒の漂う光景にすら思えてきます。

そんな美しい沖縄の海ですが、三月になると一部の地域で海開きが開始されるのです。

海開きというと、もっとずっと先の出来事にも思えますが、寒さの真っ只中である本土とは違い、沖縄の方は早くも春の気配が訪れています。

一月、二月には、もう桜の開花も確認出来るそうです。

寒さに身を震わせる人間からすれば羨ましい限りですね。

沖縄の海開きは毎年、三月中旬に、最南端の八重山諸島を筆頭に行われます。

これこそ『日本最南端の海開き』です!2013年度も同じく三月中旬に予定通り行われるそうです。

このイベントでは、『ミス八重山』の発表もあるそうで、美麗な海を背景に、美麗な女性を見る事も出来るかも知れませんよ。

沖縄本土の海開きは、四月に行われるそうですが、八重山諸島ではそれよりも一足早く海開きを体験出来ます。

早くも訪れ始めている春、そして夏の気配を感じたいという方は、八重山、『日本最南端の海開き 2013』に参加してみては?

きっと、本土の方では感じられない、一味違った空気が味わえる事でしょう。

タイトルとURLをコピーしました