東京都の現地情報

暗闇の中の祭り

東京都府中市では、五月の三日から六日にかけて、市内の大國魂神社で大きな規模の例大祭が行われます。

これは、東京都の指定無形民俗文化財であり、昔は『武蔵国府祭』と呼ばれていました。

このお祭り、現在では『くらやみ祭』と呼ばれ、祭りが行われる時期には、時期的に合致するゴールデンウィークの影響もあり、約七十万人の人で賑わいます。

また、この『くらやみ祭』は関東三大奇祭に数えられ、五穀豊穣と、国土安泰を願う国府祭を起源としています。

また、神輿同士が出会う事から、『出会い祭』、『けんか祭』と呼ばれる事もあります。

『くらやみ祭』と言うだけあって、かつては夜の暗中の中で行われていました。

それ故『くらやみ祭』と呼ばれるようになったそうです。

午後六時からの『神輿発御』というものでは、六張の大太鼓と八基のお神輿が勇壮さを競います。

この時に鳴らされる大太鼓は『御先払い太鼓』と呼ばれ、神様の乗るお神輿が通る道から、大きな音で悪霊を追い払うという意味があります。

祭りが暗闇の中で行われるのは、貴いもの(神など)を直接的に見る事は許されないという古来から存在している儀礼に端を発しています。

神聖な御霊が神社から神輿に移り、御旅所(神が道中で休憩する場、または行き着く場)に赴くのは人目に触れる事の無い暗闇の中ではならないという伝統がそのまま残り、現代にまで引き継がれているんですね。

更に、祭りの行われる大國魂神社は、東京都内にある様々な神社仏閣よりも古い歴史を持ち、格式高い神社という事もあって、賑やかな祭りの中にも厳粛な空気を付与しています。

その伝統の深さと、歴史的価値から、前述の通り東京都の無形文化財に指定された事でも有名です。
 
現在でも祭りは夜が主役というか華方のようで、花火など、美しい光が夜中に零れます。

闇の中でこそ光は映えるというもので、普段でこそ綺麗な夜の闇が更に引き立ち、きっと素敵な光景が見れる事でしょう。

タイトルとURLをコピーしました